初めての方はこちら

サウンドバーでテレビの音質が劇的に改善!

最近40インチ以上の大画面テレビの金額も手頃になってきましたね。
インドア派にとっては大画面で面白いドラマ・映画を自宅の大画面テレビで堪能するのは幸せなことです。

しかしもう一つ。
音質にもこだわってみませんか?

今回は自宅にサウンドバーを導入し、音質がすごく良くなったのご紹介します!

目次

憧れは5.1サラウンドだけど

映画館のような大画面かつ臨場感あふれる音質でドラマや映画を自宅で堪能できるのは夢ですよね~。
画面については映画館とまではいかずとも大画面が主流となりつつあるのである程度満たされてきているのではと思います。

私の自宅のテレビも40インチ。
大画面と呼ぶにはギリギリのサイズですが、6畳のベッドルームにあるので大きさは十分に感じます。

ちょっと不満なのが音質、ソニーのテレビなのですが10年以上前のテレビなので音質がイマイチ…。
我が家ではFire TV Stickを使って音楽もテレビで流すこともあるので音質にはもう少しこだわりたいところ。

しかし本格的な5.1サラウンドシステムは夢のまた夢。
下手したら100万円くらいかかりますからね(^^;)

できれば1~2万円くらいに抑えたいところです。
色々、検討したところサウンドバーが良いのではと考えました。

サウンドバーは1~2万円程度でからありますし、横長のサイズがテレビと一緒に置くのにちょうど良いと思いました。

ヤマハのヤマハ サウンドバーYAS-108(B)を導入

サウンドバーと言っても色々なメーカーから出ています。
実際にどの音質が良いか家電量販店に聴きに行きました。

Bluetooth対応が条件だったので店員さんに許可を取って自分のスマホと繋げて色々視聴させていただきました。
1万円代前半からありましたが安価なものはやはり音質はイマイチ。

3万円以上になると音の良さが違ってきますね~。
でも予算範囲外です(^^;)

そこで目を付けたのはヤマハ サウンドバーYAS-108(B)。
昨年、ちょうど新しいモデルとの切り替わりの段階だったので17000円くらいの金額でした。

2万円を切る価格では音質が抜群に良かったです。
今買うなら後継機の『ヤマハ サウンドバー Alexa搭載 HDMI DTS Virtual:X Bluetooth対応 YAS-109(B)』になりますが性能が上がって2万円半ばで買えるのでおすすめです。

まとめ

サウンドバーを導入して音質が劇的に改善されました。
とくにアクション映画などの爆発音などはド迫力でうちの猫がびっくりするくらい。

取付も簡単なのでおすすめできます!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる