芸能やタレント、スポーツ選手の最新ニュースに画像をつけて詳しく紹介!

*

仙台育英 平沢大河!阪神がドラフト1位に指名?その実力とは?

   

 

 

平沢大河「ポスト鳥谷」阪神ドラフト野手最上位に

 

阪神が今夏の甲子園で3本塁打を放った大型遊撃手、仙台育英の平沢大河内野手(3年)を最上位候補としてリストアップしていることが1日、分かった。現在、ドラフト1位最有力候補は県岐阜商・高橋純平投手、次いで東海大相模・小笠原慎之介投手だが、それに次ぐ存在として、野手ではNO・1の評価に急浮上。「ポスト鳥谷」として球界関係者が太鼓判を押す逸材に熱視線を注ぐ。

 猛虎の本拠地を沸かせた高校生スラッガーが今秋、運命の糸に導かれるかもしれない。3番遊撃手として仙台育英を準優勝に導き、高校日本代表の主力として世界と戦う平沢の評価が急浮上している。ある球団幹部はこう評する。

 「野手ではNO・1(の評価)だろう。やはり、鳥谷の後というのを育てておかないといけないからね。外れ1位という可能性はあるかもしれない。それぐらいでないと消えてしまうかもしれない」

 現在、阪神のドラフト1位最有力候補は県岐阜商の長身右腕・高橋純だが、今夏に東海大相模を優勝へと導いた150キロ左腕小笠原もそれに次ぐ候補としてマークしている。ただ、超高校級の投手2人に対して、指名が競合することは十分に考えられる。あくまで現時点でのシミュレーションだが、仮にそうなった場合、野手NO・1評価という平沢が「外れ1位」、つまり最上位指名になる可能性があるという。この日も舞洲で行われたU18ワールドカップでのプレーをスカウトが視察している。

 チームには鳥谷という絶対的な遊撃手がいる。04年の入団以来、12年間、だれにもポジションを渡さずに試合に出続けている「鉄人」だ。ただ、球団としては鳥谷が健在であるうちに強力な後継者を育てておきたい思惑がある。現在でも11年の3位西田、12年の2位北條、14年の5位植田ら候補がいるが、強肩、強打と大舞台での強心臓を持ち合わせるスケールの大きな平沢ならば、「ポスト鳥谷」の筆頭候補として期待を集めるだろう。

 この日は大阪市内の電鉄本社で坂井信也オーナー(67)への定例報告が行われた。南球団社長、高野球団本部長、中村GMらがドラフトも含めた編成面についても話し合った模様。同オーナーは「(候補)名前だけは書いてあったけど、だれがどうということはない」と話した。最終的な指名選手決定はU18大会終了後、ドラフト会議直前になる見込み。それでも、最上位として虎が狙うターゲットは投手だけではなさそうだ。

 ◆平沢大河(ひらさわ・たいが)1997年(平9)12月24日、宮城県多賀城市生まれ。城南小1年からリトルリーグの塩釜ドラゴンズで内野手として野球を始め、高崎中では七ケ浜シニアに所属。仙台育英では1年春からベンチ入りし、秋からレギュラー。昨秋の明治神宮大会決勝で本塁打を放ち優勝に貢献。今夏の甲子園で3本塁打。176センチ、76キロ。右投げ左打ち。家族は両親と兄、妹、弟。

出典:日刊スポーツ 
 

 

スポンサードリンク

 

 

 

ドラフト候補!平沢大河はホンモノ?

 

 

4411220212
 

仙台育英高校出身の平沢大河選手が最近特に注目されてきています。

 

上記日刊スポーツの記事にもあるように、阪神タイガースがドラフト上位候補にリストアップしたと大きく報道されたからです。

 

また、それと同時に、U-18野球ワールドカップ準優勝に導いた主力打者でショートストップの平沢として、かなりの人気が出たのも注目度を上げた要因の一つでしょうね。

 

平沢選手はイケメンで以前から人気のある高校球児であり、の三拍子そろった選手として定評がありました。

 

しかし高校3年生の春に右足小指にデッドボールを受け骨折したことから、調子をかなり落としてしまいました。

 

その影響で、今年の夏の宮城県大会が始まるまで、ほとんどバットを振れない状態だったそうです。

 

そんな平沢選手ですが、夏の高校野球選手権大会では、3本のホームランを放つなど大活躍し仙台育英を準優勝に、U18W杯でも3番・5番バッターとして、ここ一番で打点をかせぐなど、準優勝に貢献しました。

 

やっぱり一定のレベル以上の選手であることは間違いないですね。

 

平沢大河選手のプロフィール!

 
44778556
 

氏 名  平沢 大河(ひらさわ たいが)

生年月日 1997年12月24日

出身地  宮城県多賀城市

出身中学 多賀城市立高崎中学校

出身チーム 七ケ浜シニア

守 備  遊撃手 右投げ・左打ち

身 長  176㎝

体 重  76㎏

50m   6.2秒

twitter https://twitter.com/unchoriman

 

 

平沢大河」と検索すると「彼女」なんてキーワードが出てきたので、私なりに色々と調べてみましたが、具体的な情報は見つかりませんでした(^^;でも、あれだけイケメンさんなので、彼女さんはいらっしゃるのではないでしょうか^^

 

彼女さんの件はともかくとして、プロ野球での活躍の可能性、プロで通用するのかを検証してみます!

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

ドラフト指名の可能性があるチームは?

 

平沢選手の進路については様々な憶測が飛んでいますが、プロ志願届けを提出した場合、どんな球団が指名するのでしょうか?

 

92 (1)
 

阪神タイガース

上記、日刊スポーツの記事にもあるように、阪神タイガースは鳥谷選手の後任を作らなければならない。現状では大阪桐蔭から入団した西田選手や、光星学院から入団した北条選手などがいるものの、一軍でベンチに入ることすらままならない状況なので、可能性は高くないんでしょうね。そういう意味でも、平沢選手に白羽の矢が立つのも理解できます。鳥谷選手は休むことなく出続ける、とても身体能力(筋肉のつき方や体が丈夫)が高い選手です。だからこそ付け入る隙は少ないものの、今年で34歳です。冷静に考えてショートを守り続けるのは、あと3年が限度かと思います。それを考えれば、高卒を入れて育てる事はチームにとって急務なんでしょうね。

 

東北楽天ゴールデンイーグルス

楽天は、以前より平沢選手をドラフト上位に位置づけている!
松井稼頭央選手が外野にコンバートされるなど、センターラインである遊撃手の獲得が急務になってきている。その中でも、地元である仙台出身で守備力・打力ともに定評のある平沢大河は喉から手が出るほど欲しい選手でしょうね。

 

読売ジャイアンツ

巨人には、坂本勇人選手というまだ26歳のショートストップがいます。守備はイマイチではあるが、入団当時より大切に育ててきた巨人の顔的存在ですよね。ただ、ショート以外のセカンドなどでの可能性を模索しているのではないでしょうか?東京ドームがホーム球場なので、176cmの平沢選手でも十分ホームランが打てる球場であり、左バッターも欲しい所ではないでしょうか?

 

 

平沢選手のバッティング(打撃力)について

 

6636
 

甲子園やU18WBSCなどを見ていると、すごいバッターなのでは!?という声が多いと思いますが、私なりに彼のバッティングを分析してみます。
初めて見たときは、「体が硬いのかな?」と思うぐらい、きっちりとしたスイングをしており、変化球などへの対応力を考えると少し柔軟さが足りないのかなと感じました。

 

打撃センスは元々備わっているので、少しの柔らかさを増すことで、トップの位置から最短でインパクトまで繋がるのかなと思います。あと、どうしても残念なのが、内角の対応と左ピッチャーに対する順応性が今後の課題でしょうね。
インコースのベルト付近に来たボールを、軸回転で対応できればいいのですが、殆どの場合体重が後ろ(かかと)に乗ってしまい、まるで対応出来ないケースがよくありました。

 

トップの位置が体から遠くにあると、振り出した時にグリップの位置が体から離れてしまします。そうすると軸回転ができずに、避けてしまうんですね。そのあたりはこれからの課題です。
それと、ピッチャーが左の場合で、自分の背中からくるボールには対応できていないですね。

 

対左だと極端に打率が悪くなるのも理解できます。打てるボールは外角高めのみで後は対応できないですよね。この辺もトップの位置、左肩の開き方、軸足の回転するタイミングなどを改善することで対応できてくると思います。
プロ野球選手になれば、平沢選手に求めることはホームランよりも、むしろ安打数でしょう。

 

野球ワールドカップでは少し左へのヒットも出るようになってきましたので、プラス要素でしょうね。

 

ホームラン20本よりも、打率3割3分を打てるバッターになることです。
いずれにしても、野球センスは抜群なので、器用さ・ずる賢さを併せ持つといい選手になるのではないでしょうか!元中日ドラゴンズの立浪選手みたいになって欲しいですね^^

 

 

平沢選手の守備力について

 

 

558897
 

ここがポイントです。

 

私は野球ワールドカップでアメリカとの初戦、舞洲ベースボールスタジアムで平沢選手の守備をこの目で見ました。

 

IMG_2190
 

 

両チームの野手の中では、一番守備が上手いですね^^

 

最近では、ゴロを片手で取る選手が多い中、しっかりと両手で取れる所に好感が持てますね。人工芝のグラウンドであれば片手で十分なので、実は誰でもゴロを捌けたりするんです(^^;

 

しかし、甲子園やメジャーリーグの球場のような、土のグラウンドや天然芝では、細かなイレギュラーが頻繁に起こるため、右手でしっかり蓋をしないとエラーが増えちゃうんですよね。

 

あっ、ちなみにアメリカの内野手は全員両手でゴロをしっかり取っていましたよ^^

 

それと、平沢選手の優れている点が、ボールへの入り方です。右足でタイミングを取り左足の下ろす体の使い方等は、レベルの違いを見せつけていました。

 

ただ、ボールを掴む時に早く投球動作へ移りたいのか、右足リード(右足の前でボールを掴む)で取っていたので、あれを体の中心(顔の前)で取ることができれば、エラーの数は激減するんだと思います。

 

現状でも、柔らかく膝を使えていますのでプロに行っても多少の修正で十分通用すると思います。あと、肩がもう少し強くなれば言うことなしですが、そこまで求めるのは欲張り過ぎかも知れませんね(^^;

 

 

最後に平沢選手のホームラン画像をどうぞ!

 

 

spo1508090031-p4-556x400
 

平沢選手は高いレベルで、プロ野球選手としての素質が十分あると思います。すぐにプロへ行ったとしても19歳なので、20歳までの2年間は2軍で力をつけ、そこからでも遅くはないと思っています。

 

ただ、怪我をしないような身体作りをきっちりやれば、鳥谷選手のように休まず活躍できる選手になれると思いますよ。

 

今後の活躍を期待したくなる選手ですね^^

 

 

本日も最後までお読み頂き、有難うございます^^

「おもしろかった!!」と思ったらfacebookやtwitterでフォロー頂けると嬉しいです^^
また、コメントもどんどん残してくださいね!

 

スポーツやエンタメに関する色んな記事を書いていますので、気になった記事をご覧頂ければ幸いです(#^.^#)

 

スポンサードリンク

 - プロ野球, 高校野球

証拠金取引