芸能やタレント、スポーツ選手の最新ニュースに画像をつけて詳しく紹介!

*

笹崎里菜アナが提訴してもなお日本テレビで働ける理由とは?

      2015/08/24

 

提訴できた理由とは?

 
日テレ・笹崎アナ 内定取り消し騒動、提訴は「自分の意思で」

ホステスのアルバイト経験を理由に内定取り消し騒動があった日本テレビの新人、笹崎里菜アナウンサー(23)を16日、スポニチ本紙が直撃した。入社後、単独インタビューを受けるのは初めて。入社を求めて提訴した当時の気持ち、夢のアナウンサーとなった現在について語った。9月からは情報番組「シューイチ」(日曜前7・30)で初めてのレギュラーを務める。

東京・汐留の同局で、「シューイチ」の生放送の見学を行った笹崎アナ。黒髪にワンピースの清楚(せいそ)な姿で、背筋を伸ばしてスタジオを見つめていた。

担当するのは、エンタメ情報コーナー「SHOWBIZ」。入社3年目の先輩、安村直樹アナ(26)と芸能情報を伝える。「日曜の朝の顔」の一人になることについて、「最初はフワフワしていましたが、だんだん実感がわいてきました」とほほえんだ。

困難を乗り越えてここまで来た。13年9月、日テレのアナウンサーに内定。だが、東京・銀座のクラブでのアルバイト経験を報告すると、内定を取り消された。「これからどうしよう?と人生を真剣に考えたときに、やっぱりアナウンサーになりたいという気持ちを再確認しました。行動しようと思いました」と振り返る。そして、予定通りの入社を求め、地位確認を求めた訴訟を東京地裁に起こした。

今年1月に局側と和解し、4月に入社。「人と関わる仕事をしたい、という願いがかないました。課題も多いですけど、ひとつずつクリアしたい」としみじみ。

「提訴は誰かと考えた?」と聞くと、「自分のことなので、自分で決めて、自分の意思で取った行動でした」とまっすぐに見つめ返した。

日本一有名な新人アナとなり、常に注目を集める存在となったが、「自分では気にしていないし、気にしてもしようがないと思ってるんです。特に今は仕事に必死で、どう見られているか正直頭が回らない状態です」とニッコリ。

ただ「実は最初、アナウンサー室に入るのに、とても緊張したんです」とも明かした。だが、先輩との交流で打ち解けた。「いろいろアドバイスをもらっているうちに距離も縮まりました。優しい方ばかりで、今はとても充実しています」と大きな瞳を輝かせる。

「シューイチ」の初登場は9月6日。「しっかり研究してデビュー日を迎えたい」と新たな一歩へ意気込んでいる。

出典:Yahooニュース
 

114523699
 

笹崎 里菜さんのプロフィール!

 

名  前   笹崎 里菜(ささざき りな)

勤務先    日本テレビ(アナウンサー)2015年入社

出身地    神奈川県

生年月日   1992年4月16日

出身校(母校)東洋英和女学院中学部・高等部

       東洋英和女学院大学

身  長   160cm

血液型    B型

特  技   クラシックバレエ

資  格   秘書技能検定3級

同期入社   尾崎里紗、平松修造

 

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク

 
 

なぜ日テレに勝訴できたのか?

 

8896547
 

日本テレビから内定が出た後で、クラブでホステスとしてアルバイトをしていたことが発覚。

 

その後内定を取り消されたとして提訴・・・・

 
そこまでは、よくある話のような気がしますが前歴がある事が明るみになったので、日本テレビ側から内定を取り消されたとして、提訴しました。

 
それが、マスコミに流れて一般に人達が知る事になりましたよね。

 
こうなってしまうと、「ホステスのアルバイトをしていたから内定取り消しをした会社」という見方をされ、一気に日本テレビ側が不利になっちゃいました。

 
本人も、「これからどうしよう?と人生を真剣に考えたときに、やっぱりアナウンサーになりたいという気持ちを再確認しました。行動しようと思いました」と書いているように、アナウンサーになりたい!と言う強い意志が、勝訴につながったのでないでしょうか^^

 
一般的には提訴することって、あまり無いと思いますよね。もし、そのような手続きをして、勝訴したとしても、提訴した会社に入社するのは勇気がいるものです。

 
私だったら、入社してからどんな目で見られるか!とか、嫌な思いするかな!とか、腫物に触るような扱いをされちゃうのかな・・・と色々考えてしまいますが、その当たりはどうなんでしょうね。

 
記事にもあるように、「どうしても、アナウンサーになりたかったから・・・」って言う想いだけで、我慢できるものなんでしょうかね(^_^;)

 

現代っ子なのでしょうかね?

 

1145874444
 

でも、「人の噂も七十五日」と言われるように、時がたてば噂も薄れている可能性もありますが、テレビ局のアナウンサーなので、事あるごとに、メディアで出ちゃいますもんね。

 
でも、一旦「頑張ろう!!!」と決めた以上、そんな事は忘れて、アナウンサーとして一流になって欲しいですね^^

 
また、初レギュラー番組を持たれるとの事で、こんな噂が薄れるぐらいの活躍を期待しています。

 

 

本日も、最後までお読み頂き有難うございます^^



 

スポンサードリンク

 - アナウンサー, エンタメ

証拠金取引